妊娠初期 流産 確率 30代

妊娠初期 流産 確率 30代

妊娠初期 流産 確率 30代

 

ウォーターサーバーの選び方! 〜買ってから後悔する5つのパターン

 

ウォーターサーバーの選び方によっては後悔してしまいます。
そうならないように、重要点を確認していきます。

 

水宅配業者の賢い選択に、役立つと思います。

実は、無料お試しサーバーが存在してた。

 

いきなりお金を支払って、
ウォーターサーバーを導入するのが当たり前…
そう思い込んでいたけど、

 

実は、完全無料で試せます。

 

 

  • 一般の方は、1週間(12L)無料でお試し。
  • 妊婦さん、もしくは1歳未満のお子様がいる方なら、3ヶ月間(72L)無料!

 

 

天然水なら、どれも美味しいと思っていた

 

加熱した天然水と、
非加熱処理の天然水では、まるで味が違います。

 

「さ湯」を冷ましてから飲んだことのある方なら、
想像できると思います。

 

 

加熱すると、
水に含まれていた酸素が逃げていきます。

 

美味しいお水=酸素をいっぱい含んだ天然水

 

 

酸素が抜けてしまった水は、正直おいしいと思えません。^^;

 

 

赤ちゃんのために導入したのに、適していない水だった

 

おおまかにみれば、どのサーバーも安全の基準はクリアしていると思います。
そうでなければ、国が販売を許可しません。

 

でも、
細か〜く見ていくと、メーカーによって優劣があったりします。

 

赤ちゃん第一主義で選ぶなら、抑えておきたいポイントです!

 

 

ウォーターサーバーを価格で比較すると…。

 

最安値は『アルピナウォーター』。

 

 

 

水12リットルボトル1本の価格が995円。

 

1ボトル1,000円を切るのは『アルピナ』のみ。

 

 

 

ウォーターサーバーレンタル料は、

 

無料の所が多い中1ヶ月600円ですが、

 

 

 

メンテナンスは無料。

 

結果、1ヶ月ボトル4本使うと仮定した比較で、

 

 

 

4,580円、と堂々の最安値。

 

次が『クリクラ』の5,478円なので、断トツと言えますね。

 

 

 

安さの秘密ですが、『アルピナ』は、

 

採水地管理、ボトリング、配送等全て自社管理と言う事です。

 

 

 

また『アルピナ』はRO水で、

 

天然水よりも製造コストが安い事が挙げられます。

 

 

 

ウォーターサーバーの水の価格は、

 

天然水かRO水かで比較すると、

 

 

 

安さではやはりRO水になります。

 

 

産後 月経 再開 生理
母乳外来 桶谷式 違い
40歳 妊娠 ダウン症 確率